Edit

  • 系の攻撃の命中率が上昇する
  • を装備しないと攻撃できない
  • ソニックアロー以外のスキル70までの技は アルビーズの森のランダル洞窟の弓屋で購入できる
  • ディレイ表記は技のみのディレイ数値。実際には一部の技を除き、武器の攻撃間隔が加算される。
  • 全て弾道型のテクニックで、実際には発生時間に加え、着弾までの時間を要する。
  • 関連ギルド:フォレール
Skill名前ST発動時間
(発生時間)
Delay威力倍率
(対PC)

説明
入手先
20バルク ショット11150
(24-29)
8000.5*n
(0.35*n)
×複数の矢を連続して射る
※スキル上昇と共に回数が増える
連撃技。最大で6hit
撃った回数分の矢を消費する
×NPC販売
アマゾネススマッシャー
デビルクロウ
反乱軍アーチャー
40ジャッジメント ショット19180
(78-83)
6001.1+α
(0.9+α)
×敵に矢を射て突き刺さった矢に稲妻を落とす
物理+魔法ダメージ
他より射程がやや短い
×NPC販売
アマゾネススマッシャー
デビルクロウ
50ソニック アロー2360
(36-41)
11001.3
(1.0)
×有効レンジは短いが、ガードを貫通する攻撃×NPC販売(WarAge奇跡)
クエスト報酬(フォレール)
ヴァルグリンドアマゾネス(弓型)
60ホープレス ショット2890
(36-41)
11001.15
(0.9)
×対象の武器に付加されているエンチャントを解除する×NPC販売
アマゾネススマッシャー
デビルクロウ
70ホークアイ ショット33210
(156-161)
6000.9
(0.7)
×鷹の目のように鋭く敵を睨みつけ 目視できるギリギリの距離まで矢を飛ばす
射程が+20される
×NPC販売
アマゾネススマッシャー
デビルクロウ
反乱軍アーチャー
80シール ショット38120
(84-89)
10001.25
(1.05)
対象に弓ダメージを与え 更にスペルブックにチャージされている魔法を解除する×アマゾネススマッシャー
デビルクロウ
90ゴルゴタ ショット45290
(162-167)
12001.5
(1.2)
×パーティメンバーの力を借り、敵を突き抜ける矢を発射する
※自分を含めて2人以上のパーティを組んでいる時に発動可能
PTメンバーが近くにいないと発動しない
×サベージキング
  • 関連テクニック
    • レゾ技
      • シャドウ バインド:弓60+Buff コンポジット ボウ
  • 複合技
    • バラージ ショット:弓90+キック60
    • チャージ ショット:弓90+集中力30
    • アロー レイン:弓90+フォレスター マスタリー
    • ヒドゥン ショット:弓60+フォレスター マスタリー
    • S バインド:弓60+レゾナンス フォース
    • アブストラクション ショット:弓80+呪文抵抗力40
    • ハヤメ:弓10+自然調和10

スキル情報 Edit

  • 弓やクロスボウを絞り、矢を番えて射撃を行うスキル。
    射程が長く、弓を装備するとロックターゲットの有効距離が伸びる。
  • 近接武器とは異なり、基本技「アタック」(通常攻撃)の発動中は移動できない。
    また、対象に接近された場合「アタック」が素手攻撃になってしまう。このため接近戦に弱い。
    • この時のアタックは素手スキルの影響を受け、素手スキルが高いと与ダメージが増す。
    • クリティカル時、および戦闘技術センスオブワンダー中は移動可能。
    • 弓・クロスボウどちらでも至近距離(素手攻撃に変わるレンジ)では攻撃・全テクニックの威力倍率が0.1ほど低下する。
  • 弓で扱う武器は次の2つがある。
    • 「弓」系の武器は接近戦に弱い代わりにテクニックを使用可能。テクニックの分手数が多くなり総威力も高くなるが、スタミナを多量に消費する。
    • 「クロスボウ」系の武器はテクニックを使えない代わりに威力に比しての攻撃速度が早く、低速な敵や雑魚を蹴散らすのに役立つ。
  • 矢にも特性があり、中には特別な効果を持つ矢もある。下記矢弾短評を参照。
  • 射撃の方法については、遠隔物理攻撃についてを参照。
    ミス ザ マーク」など独特の概念がある。

各技短評 Edit

アタック(通常攻撃)
近接武器と異なり、通常攻撃でも足が止まる。(クリティカル時のみ移動発動可)
ターゲットとの距離が近いとアタックが素手殴りになってしまうため、近接時も攻撃できるスキルを習得したり、
タゲ切り・足止め・ノックバックなどを駆使して距離を取ることが重要。
上記にもあるように、クロスボウ系統であれば接射も可能。
バルク ショット
連撃技。威力倍率0.5(対PC0.35)倍の最大6hitの遠隔物理攻撃。
攻撃回数分の矢を消費し、同時に武器の劣化が早まる。また攻撃回数が増えるほど発動時間も増える。
発生は速いが、初撃のみ弾速が遅い。二撃目以降は普通。水中でも攻撃スピードが落ちない。(地上と同速度)
高スキル・金属矢であれば総威力は高く、ST効率・時間効率共に優秀であるが、武器消耗は激しくなるので注意。
また自動戦闘などでアタック等他の攻撃スキルが割り込まれると連撃が強制的に中断される。
属性矢の大半は2秒で1回のDoT効果になっているため、高速で矢を撃つバルクとの相性は悪い。
バルクショットをトドメに使うと、1発目で敵が死んだとしても数発撃ってしまう=矢数本が無駄になる時がある。
攻撃のhit判定が行われてから次の矢を放つため、対PCでは遅延が生じる。
ジャッジメント ショット
威力倍率1.1(対PC0.9)倍の遠隔物理攻撃+追加ダメージ。
追加ダメージは3秒間隔で1回のDoT。追加ダメージはATK依存で対象のACにより軽減される。半減レジスト有り。
着弾は速めだが、独特の構えを取るため射撃前後に大きな硬直がある。敵を攻撃する際の起点に使用するとよい。
矢の発射地点が地面に近いため、起伏や段差に引っ掛かりやすい。ホーミングを利用して少し上向きに打つなどの工夫が必要。
ソニック アロー
威力倍率1.3(対PC1.0)倍の遠隔物理攻撃。ガード貫通技。
射程が短く、通常の半分弱(レンジ10ほど)しかない。硬直がジャブ並みで短い。
矢の発射から命中まで独特の時間差があり、射程の短さと発生の速さから角度修正がやや難しく、また距離補正による威力減衰を受けやすい。
係数が高くガード不能なため対NPC・対PC共に主力技となり得るが、対PCでは反射テクで狙い打ちされやすいので注意。
ホープレス ショット
威力倍率1.15(対PC0.9)倍の遠隔物理攻撃+追加効果。高い詠唱妨害効果を持つ。
追加効果で、対象のエンチャント系Buffを消去する。
追加効果はおまけ程度のものだが、着弾が速く、発動時間も短めで詠唱妨害もできるので小回りが効く。
乱用するとST消費が響いてくるものの、特に対PCでは主力技となる。
ホークアイ ショット
威力倍率0.9(対PC0.7)倍の遠隔物理攻撃。
ダメージは低いが、武器の有効射程を凌ぐ長距離からの狙撃が可能。ホーミング量はダントツだが発生は遅い。
Mobの釣りに最適。(釣るだけならFizzleでも良い。また射程ギリギリだと発射後に敵が動いた場合不発しやすいため、地面に当ててミスザマークにする方が確実)
ダメージ量にはあまり期待できないので、マクロに毒矢などを仕込むと良いかも。
対人では先制攻撃や追撃に保険で撃つなど。
シール ショット
移動発動可。威力倍率1.25(対PC1.05)倍の遠隔物理攻撃+追加効果。高い詠唱妨害効果を持つ。
追加効果で、魔法チャージ無効化のDebuff。(効果中は魔法をチャージしても解除される)
弓技唯一の移動発動可で係数も高く妨害効果もあり非常に使い勝手が良いが、消費STが高いので乱用は出来ない。
比較的発生が遅く盾や反射技、カウンター等の的にされやすい。
ゴルゴタ ショット
発射した対象と、その後方の狭い帯状の範囲に威力倍率1.5(対PC1.2)倍の遠隔物理攻撃。
パーティーを組んでおり、かつパーティーメンバーのうち1人が近くにいないと使用できない。
係数が非常に高いものの、厳しい条件に加えて発生が非常に遅くST消費が莫大という難点がある。
また範囲攻撃ではあるが、対象がよく動き回っていると複数に当てるのは困難。
また、1秒程度の移動速度低下効果がある。
その性質上よく赤バハで用いられる。
自分や他人のペットに対しての射撃でも範囲攻撃そのものは発生するため、範囲攻撃を発生させたい位置にペットを召喚して行うこともできる。
属性矢の効果を広範囲にばらまくことができるため重宝する。
特にバンパイアアローで複数に当てると擬似的な回復技とすることができる。
ゴルゴタショットそのものはミスザマーク判定があるものの、それによって発生した範囲攻撃はミスザマークの概念がない。
よって神秘魔法リコールストーンウォールでこれをガードしても範囲部分は防げない。
透明化していても範囲部分は命中する。
WarAgeでは、通路戦など人の密度が高い場面で有効。
着弾点(対象)はwarの自軍NPCやペットでも可。むしろその方が確実に後方貫通を狙えるためお得。

矢弾短評 Edit

  • 矢の性能は ここを参照。
  • 追加ダメージ系の矢は、Hitから2秒後にダメージが発生するDoT扱い。
ウッド アロー
威力は僅少で補正角も狭く特殊な効果はないものの、最も安価で入手も容易。
スキル上げからちょっとした狩り、ボス前座の掃除用まで用途は広い。
角度補正がそこそこ大きいため、対人戦の入門としても。
冥王の矢
生産に依らずに手に入る矢弾としては最も角度補正が大きく、主に対人戦で利用される。
ただしmobドロップとしてしか手に入らないため、数を揃えようと思うと少々手間がかかる。
ボーン アロー
ウッドアローの上位互換。角度補正はそのままに威力が向上している。
しかし入手性・生産性がバンブーアローよりも悪く、あまり使われることはない。
バンブー アロー
ウッドアロー、ボーンアローの上位互換。生産性は激悪だがクエストでまとまった数を入手できる。
威力と角度補正のバランスが良いため、主に対人戦で利用される。
ちなみにさらに上位のブラックバンブーアローもあるが、そちらの入手性の悪さは完全にネタ。
もし購入する場合、後述する属性矢のさらに5倍〜10倍程度の値段は覚悟すること。
ポイズン アロー
攻撃力ゼロで補正角も劇的に狭いが、当てると4秒間隔で6回の毒DoTを与える。
盗賊系アーチャーなどからザクザク手に入れられるため数を用意しやすい。
毒も間隔が早めかつそこそこ長いので無耐性の相手には詠唱妨害から包帯妨害まで用途は幅広い。 対人戦ではホークアイやバルクの初撃などに仕込むことが多い。
ただし通常の矢に比べて重量が3倍もある点に注意。
対地抵抗0に対して、7×6ダメージ。
属性矢と同時に効果が出る。
金属矢
アイアンアローやゴールドアローといった、矢じりに金属を使った矢の総称。
非常に威力が大きく、また木工のスキル上げで量産されるため入手性も良いが、金属の材料費が高いため単価はやや高い。
角度補正がやや小さいため、動く的に当てるには工夫やコツが必要。
こちらもポイズンアロー同様非常に重たいため、あまり数を持ち歩けない。弾切れに注意。
ちなみにシルバーやミスリルの特殊効果(アンデッド特攻、強化)はない。
だがゴールドのHP+1は健在しているため、メイジなどが矢だけを買い求めることがある。
属性矢
フローズンアロー、サンダーアロー等の総称。
それぞれ特殊な追加効果(主に追加ダメージ)を与える。詳細は武器ページ参照。
材料に属性コイン(火のコイン等)を含むため、運用コストは属性コインが錬金の森やアクセサリーの素材になっているかどうかで決まる*1
一部はクエストやmobドロップでも入手可能だが、やはり数を揃えるのは難しい。
相手の移動をほぼ完全に止めてしまうバインディングアロー(土コイン)、攻撃と回復を同時に行えるバンパイアアロー(闇コイン)の人気が高い。 それぞれの属性矢DOTはお互いに上書きし合うので連射しても効果が出るのはひとつ。 毒矢とは効果が共存する。
追加ダメージはダメージカットを貫通するため赤バハ等で攻略速度向上 に用いられることがある。
光の矢
命中すると30〜40程度の追加ダメージに加え、対象のBuffを古いものから1個消去する。
追加ダメージはACではなく抵抗で軽減。無属性? 全抵抗80で20ダメージほど、さらに半減レジストあり。攻撃側のATKは無関係。
角度補正が最も小さく当てづらいが、その追加効果から対人戦に投入されることも。
presentageでも強力なbuffを使用する相手(もっぱらヘルパニッシュ)を剥がすのに 用いられることもある。
非常に軽く、マイページに収納することもできるため、予備として持ち歩くのに適している。
ChaosAge報酬としてまれに100本単位で手に入るが、運用コストは基本的に高い。
勘違いされやすいが、光のコインで作られる属性矢ではない。そちらはブラインドアロー。
混沌の矢
ChaosAgeで死亡しても消えない矢。他のカオス製品同様、ChaosAge以外で死亡すると消滅する。
矢としての性能は悪く、特に理由がなければウッドアロー等でも十分。
光の矢同様、カオスアロー(混沌のコインによる属性矢)との混同に注意。

お勧めの上げ方 Edit

  • 攻撃間隔が短い武器を使用し、スキル値より強い敵にアタック
  • 一般的に足が遅い敵がお勧めなので(スキル構成にもよりけり)、ここでは足が遅い敵を優先して載せています。
  • 森の友好(オルヴァン)があれば、100までずっとトレント系を相手にして早く上げることが可能。
    トレントはスプリガンと、スプリガンはスプリガン同士でリンクするので要注意。
  • ただしトレント系は数が少なく、伐採の対象でもあるため、時折非常に混むことがある。
    ルート権を取って稼ぎながらスキル上げしたい場合は注意が必要。
    また、共闘用Mobとして認知されているほどではないので、一声かけるなどして無用な諍いは起こさないようにしたい。
    現在は飛竜の谷実装で数の多いエンシャントトレント(AC81回避54)が居るのでそれほど困ることはない。
  • クロスボウを使えばターゲットとの距離が近くても弓アタックが発動するので あまり移動が必要なくトレインなどの心配がない。
ソロ
スキル対象
0-10何でも上がります
10-20サンドワーム・見習い盗賊
20-30サンドワーム・海蛇・レイス(魔法使い)
30-40海蛇・ノッカー下位系・グリフォン系・反乱軍(ライダー)
40-50ネオク熊・海蛇・アースワーム・ノッカー下位系・オーク系(ダーイン・渓谷)・グリフォン系
50-60ノッカー系・スプリガン系・キラープラント・ネオクオルヴァン・オーク系(ダーイン・渓谷)・ドワーフ系・エンシェントトレント
60-70スプリガン上位系・ドワーフ上位系・オルヴァンブルート・イクシオン上位系・エンシェントトレント
70-80バルドスデストロイヤー・トレント系(長老・ガーディアン)・イクシオン上位系
80-90トレント系(長老)・タルタロッサ系
90-100トレント系(長老)・タルタロッサ上位系


  • パーティや共闘の場合はメンバー構成に左右されます。あくまで目安程度に。
パーティ
スキル対象
0-10何でも上がります
10-20サンドワーム・見習い盗賊・レイス系
20-30サンドワーム・海蛇・ロッソ系・ゴーレム系
30-40海蛇・アースワーム・ノッカー系・スプリガン系・オーク系(ダーイン・渓谷)・ドワーフ系
40-50ノッカー系・スプリガン系・オーク系(ダーイン・渓谷)・ドワーフ系
50-60イクシオン上位系・オルヴァンブルート・トレント系(長老・ガーディアン)
60-70イクシオン上位系・オルヴァンブルート・バルドスデストロイヤー・デスナイト・トレント系(長老・ガーディアン)
70-80バルドスデストロイヤー・アスモダイ・トレント系(長老・ガーディアン)・タルタロッサ系
80-90アイアンゴーレム・バルドスデストロイヤー・タルタロッサ系・サベージ系・ギガス系
90-100アイアンゴーレム・タルタロッサ系・サベージ系・ギガス系

情報提供 Edit

わからないことは外部掲示板の該当スレなどで聞こう

最新の8件を表示しています。 コメントページを参照

  • トレントそこまで効率悪い気はしないんだが… 過疎狙いの編集ですか? -- 2009-12-05 (土) 00:55:22
    • スキル上げだけを考えれば(ルート権取得を考えないのならば)的さえあればいいわけで、混んでても構わないと思う。その旨付け加えて書き換えておきました。 -- 2009-12-05 (土) 06:57:05
  • 採算無視で再上げした限りでは反乱軍ライダー(エルガディンフライヤー)でも60程度までは簡単に上げれた。最後の方だけ気をつければ他より安全性も高めだし初心者向きと思う -- 2010-01-27 (水) 03:56:40
  • ちょこちょこ修正。今のソニックの射程はハルバ程度ってことはないような気がするんだけど、測定していないのでそのままにしてあります。…あと基本的に木矢や金属矢がメインになる弓の性質上、特殊矢短評が果たして必要なのかどうか…武器/弓のページ見れば分かるようなことしか書いてませんし… -- 2010-03-26 (金) 19:55:28
    • 同感だったので(一年前のコメントだけど)特殊矢短評を更新。主に入手性と角度補正からくる使用感について記述し、その対象も矢弾全般に拡大。なおソニックアローの射程は10前後。さすがにハルバ(5.1)よりはだいぶ長い。 -- 2011-03-18 (金) 10:57:24
  • ミスザマークが出やすいのが難点だけど、30代は高原のロックマッシュルームでモリモリ上がる。動かないので、狩りをしている人にPT組んでもらってアンチ切りつつ自動戦闘でもいい。ビークとクマーがリンクするので注意は必要。 -- 2010-07-09 (金) 23:58:05
  • エンシャントトレントは命中装備を揃えればスキル30から70後半まで手早く上げることが出来る。 -- 2011-09-30 (金) 10:31:32
  • チャージショットの必要スキル値集中60ではなく30なので修正しておきました -- 2014-08-28 (木) 07:45:18
  • スキル情報にある ◦「クロスボウ」系の武器はテクニックを使えない代わりに威力に比しての攻撃速度が早く、移動射撃ができる。引き撃ちもできるので低速な敵や雑魚を蹴散らすのに役立つ。とありますがクリティカル時には移動射撃できますが通常はできないとおもいます。 -- 2015-07-29 (水) 13:16:56
    • 移動射撃と引き撃ちができる部分を削除しました。 -- 2015-08-28 (金) 14:18:23
  • フローズンアローのクリティカル率上昇ですが、刀剣0アタックを用いて検証したところ、100回中39回がクリティカルとなりました。正確には39%、約40%と考えるのが妥当でしょうか。 -- 2016-12-21 (水) 07:32:38
お名前:

*1 2015年1月現在、錬金の森Lightに属性コインが入っていないため買取価格は暴落。金属より高いとはいえ、一時期の1/10程度まで下がってしまった…。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-27 Sat 10:37:16 JST (87d)