Top / 初心者ガイド

初心者ガイド Edit

公式初心者教室
http://moepic.com/beginner/beginner.php
公式新初心者教室
http://moepic.com/beginner2/beginner.php
公式チュートリアルガイド
http://moepic.com/tutorial/tutorial.php
初心者特典
http://moepic.com/sp/beginner/index.html

主要施設
http://moepic.com/beginners/facilities/index.html

アカウントを作りましょう Edit

MoE公式サイト でMoE専用のゲームID(無料)を作成する

  • 記入項目が並んでいるので、希望するIDやパスワードを入力し、案内通り進めてください。
    • すべて完了すると、本登録用のURLが記載されたメールが自動返信されてきます。
    • 「ゲームID」は 半角4文字以上16文字以内 、「パスワード」は 半角8文字以上16文字以内 です。

アカウント作成時の注意

  • アカウント登録時に、返信メールの本登録用URLにアクセス出来ないと、そのIDは仮登録のまま利用不可能になってしまいます。運営側では対処してもらえませんし、再送もしてもらえません。
    • メールアドレスの入力・確認には、細心の注意を払ってください。
    • メールボックスやセキュリティソフトの迷惑メール自動振り分け・削除機能を無効にしてください。(仮登録メールが迷惑メールと誤認される場合があります)
      アカウント登録をしたのに確認のメールが届かない場合は、迷惑メールのほうに入っていることがほとんどです。
  • アカウントを複数取得する場合、アカウントごとに個別のメールアドレスが必要です。
  • 当たり前のことですが、アカウント作成時に登録した情報は 必ずメモに取って ください。
    運営への問い合わせの際、本人確認のために これらの情報の提示を要求 されることがあります。

クライアントのダウンロードとインストールについて Edit

  • クライアントのダウンロード

    MoE公式サイト にあるセットアップガイドを参照してください。

プレイサーバーの選択とCreate Character Edit

ゲームを起動したら、「 START GAME 」を選択し、遊ぶ「サーバー」を選び、「アカウントとパスワード」を入力し、「Create Character」を行う。

  • 「DIAMOND」「PEARL」「EMERALD」の3つのサーバーから選択できます。
    • サーバーを選択した後、キャラクターを作成します。
  • 1アカウントにつき4キャラクターまで作成できます。
    ただし、1サーバーには2キャラまで しか作成できません。
    • 例えば、A鯖に2キャラ・B鯖に1キャラ・C鯖に1キャラ(計4キャラ)、もしくはA鯖に2キャラ・B鯖に2キャラ(計4キャラ)といった感じです。
  • Create Character について
    「種族(4種)」「男女(2種)」「髪型の選択(5種)」「顔の選択(5種)」「髪の毛の色(8種)」「名前」の6項目について、選択・入力します。
    • 名前は変更不可能です 。(同じ名称はキャラ削除後でも長期間取得できません)
    • 「名前」は 半角3文字以上12文字以内 です。大文字・小文字は別、漢字・記号は使えません。
  • 名前 以外はすべて、後々ゲーム内で変更可能ですので、お好きなものを選んでください。(種族と性別のみ高額にはなります)
    • 作成時は選べませんが、「髪型」は8種類まで、「顔」は7種類までゲーム内で変更可能になります。(2017年現在)
    • 作成時は選べませんが、「髪の色」は2種・3種・4種の色の掛け合わせ及び濃淡で、無数の色から変更が可能になります。
    • これだけは知っとけ!メタガイド 」(→#MetaGuide)もご参考に。

「ミーリム海岸 ダイアロス島」(ヤークとイーノス) Edit

NPC「ヤーク」に話しかけて(Wクリック)「説明を受ける」。

  • まず、ヤーク に話しかけて、「Yse」を押し、説明(チュートリアル)を受けましょう。
    • 「No」を選択すると、チュートリアルがキャンセルされて 予備知識のないまま街に放り出され ます。
      MoE初心者にはゲームの進行も困難な場合がありますので、せめて「基礎チュートリアル」(下記参照#Kiso_tuto)は受けておきましょう。
      ※【重要】:「No」を選択すると、いくつかのチュートリアル・クエストが二度と受けられなるので注意。
  • ヤーク に話しかけた後、イーノス に話しかけましょう。「隠れ里ネヤ」という場所に 転送 されます。
    • 隠れ里ネヤチュートリアル を通してMoEの生活知識を学んでいきます。

「隠れ里ネヤ」とチュートリアルと限定クエスト Edit

「隠れ里ネヤ」に着いたら扉をくぐって「チュートリアル案内 ドーン」に話しかけ進めていく。

  • チュートリアル案内 ドーン がチュートリアルの総合案内人です。困ったら話しかけてみましょう。
  • チュートリアルの流れ
    • 流れ1:基礎チュートリアル を受けます。(3つ)
    • 流れ2:その他チュートリアル(任意) を受けます。もしくは、「街」へ旅立ちます。
    • 流れ3:限定クエスト(任意) を受けます。(依頼の品を集めろ!とスー・メリア)
    • 流れ4:「街」へ旅立ちます。

※【重要】:特殊操作でチュートリアルをカット(/tutorialcut)すると、いくつかのチュートリアル・クエストが二度と受けられなるので注意。
※【重要】:一度でも隠れ里ネヤの外(ビスクやネオクやムトゥームなど)に出ると、スー・メリア クエストは受けられません。

  • 備考:
    • 一度、基礎チュートリアル で終了して街へ旅立った後でも、再びネヤに戻ってきて(未受講のチュートリアルを)受けなおすことができます。ご安心を。
      成長した後、スキル値が高すぎる項目については受けられないものも発生してきます。(もうチュートリアルが必要ないほどに育っているため)
      ただし、特殊操作でチュートリアルをカット(/tutorialcut)すると、いくつかのチュートリアル・クエストが二度と受けられなるので注意。
  • 「隠れ里ネヤ」で上げるスキル値の目安は5.0程度と覚えておくといいでしょう。
    (それ以上は隠れ里ネヤを出たほうがあげやすいと思われます)
  • 5人のモラ族について
    「チュートリアル案内 ドーン」の後ろに5人のモラ族が集まっています。話しかけると、スキルについての総合的な話 が聞けます。
    話を聞いたら 究極奥義の書 が貰えるので、USEしてみましょう。パッシブ マスタリーを覚えることができます。
    案内人名案内内容話を聞くともらえるアイテム
    ウォーリアー案内 カート戦士向きのスキルです。究極奥儀の書 [ ウォーリアー ]
    フォレスター案内 ビックペットを使いたい人向きのスキルです。究極奥儀の書 [ フォレスター ]
    アルケミスト案内 アミー魔法使い向きのスキルです。究極奥儀の書 [ アルケミスト ]
    ネクロマンサー案内 オドル暗黒戦士向きのスキルです。究極奥儀の書 [ ネクロマンサー ]
    クリエイター案内 ウォング生産者向きのスキルです。究極奥儀の書 [ クリエイター ]

基礎チュートリアル(必須) Edit

  • 3つの 基礎チュートリアルは必須項目 なので案内に従って受けましょう。
    • 3つ終わったら、再び チュートリアル案内 ドーン に話しかけましょう。
  • 背景色は、必須チュートリアルです。必ず受けて下さい。(チュートリアルカットをしている場合は必須ではなくなります)
ミニマップでの名称担当NPC内容支給品・報酬(※)
銀行・初心者用ショップショップ案内 モス【基礎チュートリアル】
売買の実践をする(売買チュートリアル)
銀行に 100 Gold
銀行案内 ラム【基礎チュートリアル】
銀行を実践する(銀行チュートリアル)
銀行に 100 Gold
死を学ぶ部屋死体回収案内 リン【基礎チュートリアル】
死体回収の実践をする(死体回収チュートリアル)
※ 泳ぎ方・落下についても聞く
銀行に 100 Gold

その他チュートリアル(任意) Edit

  • 基本的に受講は、選択性です。自分に必要なものを自由に選べます。
    ※【重要】:特殊操作でチュートリアルをカット(/tutorialcut)すると、いくつかのチュートリアル・クエストが二度と受けられなるので注意。
    • 戦闘チュートリアルクエスト チュートリアル(依頼の品を集めろ!)などがそれに該当します。
  • ミニマップを見ながら、目的の場所を探してください。
    マップ各地に様々な行動(戦闘や魔法から生産や水泳や死体の回収まで、色々あります)の説明とお試しプレイ(及び、必要なアイテムの支給)をしてくれるNPCがいます。
    • ここできちんと習得しておくと、初期の出費を抑える事にもつながります。
      チュートリアル支給品の中には、ゲーム本編でのギルド入会条件に設定されているものも貰えるので、後々、お金を出して買う必要がなくなります。
ミニマップでの名称担当NPC内容支給品・報酬(※)
(戦闘エリアへの門の左手)戦闘案内 レギン戦闘の実践をする(戦闘チュートリアル)隣の武器配布箱から武器が貰える
(「05.テクニック習得について」を聞く)
(テクニック習得チュートリアル)
ロウ キック(キックスキル1)
(「06.クエストについて」を聞く)クエスト「依頼の品を集めろ!]が開始→※ 別項目参照#Quest_tuto
武器配布箱(アイテム装備チュートリアル)ビギナーズ ソード、ビギナーズ メイス、ビギナーズ クリス
回復案内 サラサ包帯・ポーションを実践をするビギナーズ バンデージ×30、100 Gold
(「07.マクロ(登録内容)の編集について」を聞く)ビギナーズ バンデージ×30
遠距離攻撃を学ぶ遠距離攻撃案内 エルロン弓攻撃の実践をするビギナーズ ボウ、ビギナーズ アロー×100
ペット案内 パタロペットの扱いの実践をする調教スキル + 1.0
盾・魔法を学ぶ部屋盾案内 クレイトス盾の実践をする秘伝の書 [シールド ガード]
魔法案内 グレイス破壊魔法を実践するノア ダスト×50、ノアピース [マイナー バースト](覚えていることがアルケィナ入会条件)
召喚魔法を実践するアイ ボール×50、ノアピース [サモン ヴァンパイアバット](覚えていることが暗使入会条件)
釣り・水泳を学ぶ水泳案内 リーヌ水泳の実践をする100 Gold
釣り案内 モーリス釣りの実践をする魚の餌×50、秘伝の書 [釣り]
採掘・鍛冶を学ぶ採掘案内 トマソン採掘を実践をする初心者用つるはし、秘伝の書 [採掘](覚えていることがグロムスミス入会条件)、100 Gold
精錬を実践をする秘伝の書 [精錬]
収穫を学ぶ収穫案内 ユーリ収穫を実践をする初心者用収穫鎌、秘伝の書 [収穫(刈る)]、100 Gold
生産を学ぶ生産案内 リー料理(焼く)を実践をする秘伝の書 [料理(焼く)](覚えていることがシェル・レラン入会条件)
料理スキル + 1.0
醸造を実践する秘伝の書 [醸造]
醸造スキル + 1.0
鍛冶を実践する秘伝の書 [鍛冶]
鍛冶スキル + 1.0
大工(弓作成)を実践する秘伝の書 [大工(弓作成)]
木工スキル + 1.0
洋裁を実践する秘伝の書 [洋裁]
裁縫スキル + 1.0
薬調合を実践する秘伝の書 [薬調合]
薬調合スキル + 1.0
装飾合成を実践する秘伝の書 [装飾合成]
装飾細工スキル + 1.0
伐採・木工を学ぶ伐採案内 フェリー伐採を実践をする初心者用木こり斧、秘伝の書 [伐採]、100 Gold
大工(切る)を実践をする大工(切る)
落下耐性を学ぶ落下案内 シンシア(無題)100 Gold

※ログアウトによって消失するもの(道具や材料や生産品の多く)は割愛。また消耗品のチュートリアルによる消費も考慮に入れていません。

  • 合計で800 Gold、秘伝の書やノアピース×17、ビギナーズ バンデージ×60、ノア ダスト×50、アイ ボール×50、各種ビギナーズ武器(性能は他のスキル1武器よりも劣る)、ビギナーズ アロー×100、魚の餌×50、初心者用つるはし、初心者用収穫鎌。
  • 秘伝の書やノアピースはログアウトしても消えませんが、隠れ里ネヤの外へは持ち出せません。

クエスト チュートリアル(任意) Edit

※ 一覧表に収めにくいので、別項目として記載する。
※【重要】:チュートリアルをカット(/tutorialcut)すると、本クエストは受けられません。

  • クエスト「依頼の品を集めろ!」は、戦闘チュートリアル#Sentou_tuto と連動しています。
クエスト名発生条件達成条件&Tips報酬備考
依頼の品を集めろ!戦闘チュートリアル 05.
終えていること

モラの隠れ里 ネヤ
「レギン」
に話しかける
[1] クエスト(仕事) が開始されました!
ゲートを潜り 戦闘エリア へ向かってください。
 →ゲートを越えたらクエが進行する。
[2] 戦闘エリアにいる モンスター を倒し
モンスターズ ペレット6個 集める。
 →6個持ったらクエが進行する。
[3] モンスターズ ペレット6個 集めた。
ゲート付近にいる レギン
ダブルクリック で報告する。
 →ダブルクリックしたらクエが進行する
[4] 集めた モンスターズ ペレット6個
レギントレード(渡す) する。
リング オブ モラ
※ 報酬は自動的に装備される
チュートリアル内のクエスト。
1回しかクリアできない

「スー・メリア」クエスト(任意) Edit

※【重要】:一度でも隠れ里ネヤの外(ビスクやネオクやムトゥームなど)に出ると、本クエストは受けられません。
※【重要】:チュートリアルをカット(/tutorialcut)すると、本クエストは受けられません。

報酬:イヤリング オブ モラ(効果:攻撃力+1.0 命中+1.0 回避+1.0 魔力 +1.0)

街に出る(チュートリアル終了) Edit

基礎チュートリアル を終えた後、イーノス の話しかけると「街に出て」ダイアロス島での生活が始まる。

  • 基礎チュートリアルさえ終わっていればいつでも好きな時に旅立てます。
  • 旅立ち1:基礎チュートリアル 終了後、ドーン に話しかけると「チュートリアルを続けますか?」と聞かれます。
    • 「Yes」で引き続き他のチュートリアルを受けられます。(戦闘スキルや生産スキルについて)
  • 旅立ち2:「No」で「 ヘルプウィンドウ 」(SYSTEM>ゲームヘルプ)の説明があります。
  • 旅立ち3:その後、イーノスが再登場 します。(簡単な説明の後、外の世界へ旅立ち)
    • 「No→イーノス」に話しかけると「さぁ、何になりたいのだ?」と聞かれる。
      選択肢は「 ウォーリアー/アルケミスト/ネクロマンサー/フォレスター/クリエイター 」の5種。
      お金(共通)とアイテム(5種類のセットのうちから1つ)が貰えます。
      (後に、ゲーム内入手できるものばかりです。悩まず興味のあるものを選びましょう。)
      選択肢援助品
      ウォーリアー700 Gold、ブロンズ ナイフ、ウッド バックラー、ビギナーズ バンデージ×100
      アルケミスト700 Gold、秘伝の書[メディテーション]、ノアピース[セルフ ヒーリング]、ノア ダスト×100
      ネクロマンサー700 Gold、秘伝の書[バイト]、ノアピース[グレイブヤード ミスト]、ノア ダスト×100
      フォレスター700 Gold、秘伝の書[アニマル フェイタライズ]、ウッドゥン ショート ボウ、ウッド アロー×100
      クリエイター700 Gold、ビギナーズ リュックサック、つるはし、木こり斧
  • 旅立ち4:イーノス からアルターの説明を受け、「外の世界」へ。扉をくぐって、丸い台(アルター)の上に乗りましょう。
    • ビスク/ネオク/ムトゥームから選べます。
      (最初に降り立つ街の選択だけなので、こだわりが無ければ 城下町ビスクを選びましょう。転送後、再度アルターに乗れば他の場所にもすぐ行けます)
    • いろんなNPCに話しかけてみましょう。冒険のヒントが貰えます。
    • 分からなくなったときは「Enterキー」を押して「チャットバー」で困っている旨を入力し、再び「Enterキー」で送信・発言してみましょう。
      近くにいる冒険者が助けてくれるかもしれません。(街中であればほぼ確実に助けてくれるでしょう)
  • ダイアロス生活を楽しみましょう!

疑問や予備知識 Edit

  • その他の質問:よくある質問質問スレのテンプレ
  • 基本的には隠れ里ネヤのチュートリアルを一通り受けたうえで、知識を補完するために読んでください。
    ネヤのチュートリアルは内容・報酬ともによく出来ています。時間はかかりますが、基礎チュートリアル以外も受けることを強くおすすめします。
  • MoEのゲームシステムやキャラクターの操作方法は独特です。初心者の方がチュートリアルを受けずにプレイを開始すると、後のゲーム進行がかなり困難になります。
  • 初心者キャンプにも解説役のNPCが何人か居ますが、度重なる仕様変更のそれ以前から更新されていないため、あまり意味のあることを話してくれないNPCも居ます。
  • 忘れられがちですが、 Mainバー → SYSTEM → ゲームヘルプ にも一通りのことは書いてあります。

専門用語やスラング(略語、俗語)が分からない方へ Edit

  • 専門用語に関しては実は公式サイトの説明が充実してます。まずは読んでみてください。
  • プレイヤー間で使われる俗称や略称はこちらを参考にしてください。
  • これだけは知っとけ!メタガイドと初心者用FAQを読むに当たり、理解しておく必要のある語句をいくつか抜粋しておきます。
    名称説明
    MoEMaster of Epic(マスター・オブ・エピック)の略。このゲーム。
    NPCノンプレイヤーキャラクター。ゲーム内でコンピュータが操るキャラクター。
    PCプレイヤーキャラクター。NPCに対するプレイヤーのこと。文脈にもよるが、パソコンを指しているわけではない。
    Mobモンスター、敵。
    Goldこのゲーム内における通貨単位。
    露店プレイヤーが開いているお店(自動売買)のこと。PC露店とも言う。

これだけは知っとけ!メタガイド Edit

  • プレイヤーが選択できる種族について
    • 基本的には見た目の好みで選んでいいでしょう。致命的な性能差(能力差)はありません。以下に特徴をまとめています。
    • 相応のコスト(かなり高額のゲーム内通貨、もしくはリアルマネー)を支払うことで、ゲーム内で種族変更・性別変更が可能になります。
      顔型・髪型・髪色も変更可能で、こちらは美容スキルの使い手の力を借りれば初心者でも手が届くくらい安価です。
    • 各種族のステータス補正はトータルで平等ですが、仕様上各ステータスには種族補正が重要なものとそうでないものに差が生じています。
    • 視点の位置が変わるため誤解されがちですが、種族によって移動速度に差はありません。
    • 種族によって生産時のアクション・ゲージ(生産ルーレット)に有利・不利が生じることはありません。
    • 参考:スキル/戦闘
      種族名簡単な特徴
      ニューター通称にゅた。全ステータスの係数が1。良くも悪くも平均的で、最も無難な選択。
      どんなスタイルにも適応するので初心者にも使いやすい。
      コグニート通称こぐ。MP/命中/魔力/呪文抵抗力にプラス補正を受け、HP/ST/攻撃力/防御力/回避/最大重量にマイナス補正を受ける。魔力補正が強み。
      ステータスの偏りが強いため、事実上魔法使いに特化している。
      とはいえ物理戦闘ができないわけでもない。運用上問題となるのは最大重量の低さ。
      エルモニー通称もに。ST/命中/回避にプラス補正を受け、HP/攻撃力/魔力にマイナス補正を受ける。特に回避補正は強力。
      大抵の構成に対応できるが、武器使いとしても魔法使いとしても良い点と悪い点を併せ持つ。
      体の中心点が低い(視点が低い。ロックターゲットで上を向きやすい。)
      体が小さい(当たり判定が小さい。浅瀬で立ちづらく、呼吸しづらい。)
      パンデモス通称パンダ。HP/攻撃力/最大重量にプラス補正を受け、MP/回避/魔力/呪文抵抗力にマイナス補正を受ける。攻撃力補正は魅力。
      魔法の扱いは苦手だが、その分タフで力強いパワーファイターとして使いやすい。
      採掘/伐採/収穫といった採集スキルのダメージは種族補正の影響を受けるため有利。重い素材も持ち運びやすい。
      体の中心点が高い(視点が高い。ロックターゲットで上を向きづらい。)
      体が大きい(当たり判定が大きい。固定カメラモード2・3で正面がやや見づらい。浅瀬で立ちやすく、呼吸しやすい。)
  • ゲームを終了する方法
    • Menuから「ログアウト」ボタンを選んでクリックしてください。
      プレイヤーデータのセーブの間、15秒以上何もせずにいればサーバー選択画面に戻ります。そこで「ゲームを終了する」ボタンを押してください。
    • 攻撃を受けるとプレイヤーデータのセーブがキャンセルされ、ログアウトが中断されます。ログアウトは安全な場所で行いましょう。
    • ログアウトできない場所も一部存在します。
  • NPCやプレイヤーに挨拶する・会話する(発言する)方法
    • ALT+H で「こんにちは ○○(ターゲットしている相手の名前が入る)」と話し掛けることができます。他のプレイヤーに尋ねたいことがある時は実行してみましょう。
      NPCに話し掛ける時も同様の操作が必要です(NPCや生産設備などに話し掛けた場合、この発言は他のプレイヤーには見えません)。
    • 具体的な発言をするには Enterキー を押してチャット・バーを開きます(もう一度 Enterキー を押すと閉じます)。文章を打ち込んで Enterキー を押すと発言できます。
  • 扉を開く方法
    • 扉を左クリックすれば開けられます。開かない扉はハリボテです。
  • 走り・歩き・座りについて
    • ALT+Z で走り/歩きを切り替えることができます。移動する際は基本的に走り(/run)がメインです。
      しかし走って移動しているとSTが徐々に減少していき、一定割合を下回ると移動速度が落ちてしまいます。
    • 歩き(/walk)にすることで、STを少しずつ回復しながら移動することができます。
    • HP・ST・MPが減ったら ALT+X で座る(/sit)ことで直立状態よりも早い速度で回復することができます。
      手軽に実行できる回復手段なのでぜひ覚えておきましょう。
  • 水中移動、水中呼吸について
    • 水に入ってじっとしていると身体が徐々に沈んでいき、全身が水に浸かると息継ぎ・酸素ゲージ(呼吸ゲージ)が表示され、減少していきます。
      呼吸ゲージが0になると今度はHPが徐々に減っていき、そのままゼロになれば死にます。
    • PageUp/PageDownキー を使って泳ぐことで、カメラモードに関係なく浮上・潜水が可能です。泳ぎながらこれらのキーを押してみましょう。
      • 固定カメラモードでは画面内を右クリックしながらカメラの位置を操作することでも浮上・潜水が可能です。
      • 手動カメラモードでは空中や水中をマウスクリックすることで浮上・潜水が可能ですが、確実性に欠けるでしょう。
        (マウスクリック移動が有効になっている必要があります。)
    • 水泳スキルを上げると長時間の水中滞在が可能になり、水中での移動速度も上昇します。
    • 隠れ里ネヤに居る 水泳案内 リーヌ からチュートリアルを受け、泳ぎ方をマスターしておくことをおすすめします。
      ゲーム内で安全な水場は限られます。隠れ里ネヤでしっかりと練習しておきましょう。
    • 参考:水泳スキル
  • 落下ダメージについて
    • 一定以上の高さのある段差から落ちるとHPダメージを受けます。残りHPを超えたダメージを受けると死にます。
      初期状態では8〜10mの高さから飛び降りると死んでしまいます。崖には十分注意しましょう。
    • 重量オーバーしていると落下ダメージが大きくなります。
    • 落下ダメージは落下耐性スキル、一部テクニックや装備品で軽減されます。
    • 参考:落下耐性スキル
  • 満腹度・潤喉度について
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • シップが旅人かつスキル合計値が100未満の場合、満腹度100 / 潤喉度100 から減少しません(死体回収によってゼロになることもありません)。
    • 満腹度・潤喉度が一定値(80以下?)より下がるとスキルの上昇率が低下するとされています。
    • 参考:雑学/その他
  • 所持重量について
    • すべてのアイテムとお金(Gold)には重さが設定されています。
      アイテムに設定されている重さは様々で、お金に設定されている重さは50Goldで重量0.1です。
    • 自分の最大重量を超えると移動速度が下がり、最終的には動けなくなります
      • 重量オーバーした場合、超過1.0につき5%ずつ速度が低下し、20.0以上上回ると一歩も動けなくなります。
    • 動けなくなるとジャンプや座ることもできなくなります(座り状態から立つことはできます。また、その状態でもテクニックや魔法などは使用可能です)。
    • 所持合計(現在重量)/限界重量(最大重量) はStatusウィンドウのパラメータ欄で確認することができます。
    • 基本的には筋力スキルを伸ばすことで最大重量が上がり、重いものでも持てるようになります。
      レイジングという魔法や装備品、アイテムで補うこともできます。
    • 最初のうちは何を拾っても重く、すぐに重量オーバーになりがちです。重さのわりにお金にならないアイテムもあり、拾得物の取捨選択が必要とされます。
    • 金属製の武器、防具の重量はそれなりの負担になります。相応の筋力スキルか、前述の最大重量を補う代替手段が求められます。
  • 道に迷った場合
    • ALT+M でマップウィンドウ(ミニマップ)が表示されます。ただし、街から遠いエリアなど表示されないゾーンも存在します。
    • 通りがかったプレイヤーに尋ねるのも一つの手です。時間があり、親切な方が居れば教えてくれるでしょう。
    • MoEのフィールドは三次元的に複雑に作り込まれている部分が多く、広さのわりに迷いやすくなっています。
      長くプレイしているプレイヤーでも、マップ構造を完全に把握している人はそれほど多くないかもしれません。
    • 街へ戻りたい場合、どうしても自力で帰ることが困難なら、自殺(/killmyself)することで、その場に肉体を残したまま霊体としてホームポイントに戻ることができます。
      ただしその場合、死体回収はソウルバインダーに頼ることになってしまうでしょう。
  • 敵の死体のルートについて
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • ※スタック可能(同じであれば一つの枠にまとめられる)なアイテムの取り扱いについてもリンク先で説明されています。
    • ルート権を獲得したプレイヤーが一度でも死体をルートすると、ルート権が開放されて誰でも死体からアイテムを手に入れることができるようになります。
    • 敵を倒してから4分経つと自動的に死体のルート権が開放され、5分経つと死体が消失してルートできなくなります。
    • ALT+U でターゲットにアクションすることでも死体をルートできます。
    • ホイールボタンクリックでも死体のItemウィンドウ(ルート窓)を閉じることができます。
  • 自分の死体の回収について
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • 隠れ里ネヤに居る 死体回収案内 リン か、各地のソウルバインダーに話を聞くこともおすすめします(彼らは霊体の状態でも会話が可能です)。
    • 死体を回収して蘇った直後は満腹度と潤喉度がゼロになっています。
    • スキルダウンのペナルティに怯えがちですが、スキルが低いうちは大したデメリットではありません。
      序盤はソウルバインダーに死体を回収してもらうことをおすすめします。
  • 髪の伸びと汚れについて
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • 美容テクニックは基本的に自分に使うことができません(一部使用可能なものもあります)。
      髪型変更や洗髪をするには美容スキルを持ったプレイヤーにお願いする必要があります。
    • 水の中を泳ぐことでも髪の汚れを落とすことができます。
      水中で爪先立ちになり呼吸ゲージが出ない程度の浅瀬で放置すると泳いでいる扱いになり、髪の汚れが落ちていきます。
  • テクニックの成功率・装備性能の反映について
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • テクニックは必要スキル値ちょうどで成功率80%です。100%成功させたいなら必要スキル値+8が必要です。
    • 必要スキル値より1.0高くなるごとに成功率+2.5%、1.0低くなるごとに成功率-10%です(最低保証値1%)。
      使用頻度、使用目的を踏まえてスキル値を設定しましょう。
    • 発動に複数のスキルが求められる複合テクニック・複合魔法の成功率については以下のページをご確認ください。
    • 武器、防具の性能が反映されるには必要スキルの8割を超えるスキル値が必要です。
      (公式サイトの解説には「必要スキルの80%を満たしていないと、装備しても防御力は上昇しません。」とありますが、8割ジャストでは装備の性能は反映されません。)
    • 武器・防具が100%の性能を発揮するには必要スキル値を満たす必要があります。
  • 生産について
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • アイテムを生産する際、必要な材料が分かっていれば基本的にレシピは必要ありません(一部レシピが必須なものもあります)。
    • 余分な材料が含まれていたり作成に必要なスキル値が不足していると、目当てのアイテムがあっても作成可能欄には表示されません。
  • 取引について
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • アイテムとお金(Gold)の取引は、それらを相手に直接ドラッグ&ドロップすることで実行できます。
      • プレイヤーやNPCが密集している場所ではやめたほうが無難でしょう。
    • ターゲットした相手に「トレード」というテクニックを実行することでも取引が可能です(初期状態では覚えています)。
      • 「トレード」を忘れるとMenuの「取引を行う」も実行できなくなります。
    • 自動売買を行なう(露店を開く)には該当するテクニックとそれに応じた取引スキル値が必要です。
      • 販売には「オープン セラー」、買取には「オープン バイヤー」というテクニックを発動させる必要があります。
      • 露店を開く前にお金やアイテムの重さと量を計算して、重量オーバーにならないように注意しましょう。
    • 自動売買の限度額を超える10万Gold(100k)以上の取引をしたい時は、売買チャンネルを立てて行う必要があります。
    • 高額、高重量の取引は銀行を開ける位置で行なうのが一般的です。
    • 参考:よくある質問・取引
    • 参考:スキル/熟練(技)/取引
  • 食べ物、飲み物、包帯の無料配布
    • スキルが低いうちはNPCの案内人から食べ物、飲み物、包帯を無料でもらうことができます。
      (ビギナーズウォーターボトルx5、ビギナーズミニブレッドx5、ビギナーズバンデージx5)
      • 城下町ビスク 港エリア(海蛇の隠れ家):マリエル
      • ネオク高原(ネオクラング):ダイアン
      • ムトゥーム地下墓地(1階北):ニーナ
    • 食べ物、飲み物、包帯のうちどれかを使い切ったら(所持数が0になったら)、話しかけることで再びもらうことができます。
      • ちょうど案内人の前を通った時、残り所持数が少なかったらわざと使い切ればもらうことができます。
    • 包帯スキルは初心者の方におすすめのHP回復手段です。まずは使ってみましょう。
    • ある程度強くなる(包帯は包帯スキルが10を越える)と、無料配布は終了します。
      ただし、総合的なステータスの数値から判断しているため、装備品を外すことでまた貰えることもあります。
    • 参考:雑学/その他
  • キャラクターの育成・スキルポイントの割り振りについて
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • MoEは完全スキル制MMORPGです。レベル制、クラス制のゲームとは異なるルールや持ち味があります。
    • 特定の行動を取ることで対応するスキルを伸ばす(スキルポイントを獲得する)ことで、キャラクターを育成していきます。
    • 1つのスキルに割り振れるポイントの上限値は100、割り振れるスキルポイントの合計値は850です。
      • このスキルポイントはスキルのLOCK・UP・DOWNの設定を変更することで、いつでも自由に振り直すことができます。
      • スキルキャップや850ポイントの限界に達してもメッセージなどは流れないので注意してください。
    • 序盤のうちは最終的なスキル構成を意識する必要はありません。色々やってみると良いでしょう。
      スキル合計値が850になるまではスキルのLOCKやDOWNも考える必要はありません。
    • 各スキルへ割り振るべきポイントはキャラクターに求める役割によって変動します。必要なスキルに100ずつ割り振ればいいというわけではありません。
      • 一般的には戦士には筋力・持久力・戦闘技術が、魔法使いには精神力・集中力・魔法熟練が主に求められる傾向にあります。
    • 最終的にはほぼ戦闘を行わない生産職となることも可能ですが、まったく戦闘を経ずにスキル構成を完成させることは非常に困難でしょう。
    • 参考:スキル/逆引き案内
    • 参考:スキル/戦闘
    • 参考:スキル/熟練(技)
    • 参考:スキル/熟練(魔法)
      • ※各スキルのスキルページも参考にしてください。
  • アイテムの価値・用途について
    • このゲームはプレイヤー間の取引をメインにしているため、大半のアイテムはNPCに売却しても大した利益を得ることができません。
      • 肉、骨、牙などのアイテムはNPC売却で利益を出すことのできる数少ない例外と言えます。それらのアイテムにも大抵はNPC売却以外の用途が存在します。
      • 採集・生産スキルで得られるアイテムにも同様に例外的なアイテムがいくつか存在します。NPCからGoldを確保できる貴重な手段と言えます。
    • 上記と同様の理由から、NPC店で売られているアイテムは基本的に価値や用途に反して販売価格が非常に高いです。
      • アイボールを除いた魔法触媒などは数少ない例外です。
      • NPCから購入したほうが労力に見合っているアイテムも一部存在します。採集・生産スキルに精通すると理解できるようになるでしょう。
    • 自分でアイテムを販売するか、買取を行っているプレイヤーにアイテムを売却することで利益を出すことが可能になります。
      • 買取露店や売買chを観察すれば価値のあるアイテムが理解できるようになるでしょう。
      • 相場を大きく下回る買取価格を提示している露店もあります。売却する際は注意しましょう。
    • 初心者の方に向けて、序盤で手に入るアイテムの価値・用途について解説しておきます。
      • ※記載してある価値・用途はあくまでごく一部です。
      • ※相場は変動するため具体的な買取価格に関する言及は避けてあります。
      • ※買取需要が存在するアイテムでも常に買取露店が存在するとは限りません。
        アイテム名説明
        ヘビの肉「料理(焼く)」でローストスネーク(ラット)ミートにしてから売ると少しお得(NPC売却価格5Gold→8Gold)。
        (070911パッチで ヘビ、ネズミ、サル、イヌ、コウモリ、シカ 以外の肉を焼くためには塩が必要になりました。)
        ネズミの肉
        動物の生皮重量のわりに安い(NPC売却価格4Gold)。持ちきれなければ最優先で捨ててしまっても構わないだろう。
        生産に必要だが買取需要は低い。
        スパイダー シルク包帯、裁縫製品作成に必要なため買取需要が存在する。
        アイボール「料理(焼く)」でナマ目玉焼きにして売るとお得(NPC売却価格1Gold→8Gold)。
        アイボールのまま召喚魔法の触媒としても使える(NPC購入価格10Gold)。
        ニカワ暗使クエストで利益が得られるため買取需要が存在する。
        ガラス石空き瓶(POT作成に必要)作成に必要なため買取需要が存在する。
        岩塩買取需要が存在するが、NPC売却でもそれなりの価格になる(NPC売却価格40Gold)。
        鉱石の破片主に鍛冶製品に用いるため買取需要が存在する。
        カッパーインゴット+金物やすりでライトラウンドショット(作成x5、NPC売却価格16Gold)
        ブロンズインゴット+金物やすりでミドルラウンドショット(作成x6、NPC売却価格20Gold)
        ブロンズインゴット+金物やすりでヘビーラウンドショット(作成x5、NPC売却価格25Gold)
        黒炭は夜間キャンプで受けられるクエストで80Goldに換金可能。買取需要も存在する。
        鉱石
        黒炭
        ***インゴット
        樹脂伐採でたまに手に入る。
        木工製品、一部素材作成に必要となるため買取需要が存在する。
        難破船の残骸ミーリム海岸の難破船に居るMobが落とす。ピアスは全3種類。
        ビスク西門にいるジェームスから受けられるクエストでGoldに換金可能。
        *** ピアス オブ ウィッチ
        金塊
        悟りの石Mobがたまに落とす。生産系・基本系の悟りの石は自分で使うか、NPCに売却して構わない(NPC売却価格50Gold)。
        ちょうど欲しい人がいればそこそこの価格で売れることもある。
        宝石Mobがたまに落とす(Mobが落とさないモノも存在する)。
        初心者が抱く貴重品としてのイメージほど高価ではないが、錬金の森や生産に必要で買取需要が存在する。
        モノによって需要には差がある。
        ***のコインMobがまれに落とす。炎のコイン、水のコインなど全7種類。
        過去には錬金の森に必要だった。現在は生産に必要な素材で買取需要が存在する。
        種類によって需要には差がある。
        古びた地図 <***>Mobがまれに落とす。ランクF〜Sに分かれており、Wiki内のページを見れば番号からランクが分かる。
        ランクF以外は需要があるが同じランクでも需要には差がある。自分で販売してみるのもいいだろう。
        参考:スキル/基本/解読/古びた地図
        七賢者の箱Mobがまれに落とす。ソレスの箱、フェンネの箱など全7種類。
        Lv2〜3の買取が目立つが、Lv1の需要も存在する。自分で販売してみるのもいいだろう。

初心者用FAQ Edit

  • スキル0だから各種装備が使えません!
    • 気にせずスキル1の武器を装備してモンスターを殴ったり攻撃を受けたりすればスキルが上がります。
  • 武器が使えません!武器が売ってません!
    • 装備の性能が反映されるには必要スキルの8割を超えるスキル値が必要です。必要スキル1.0の武器から装備していきましょう。
    • 初心者キャンプでウッドゥンソードを買うのはやめましょう。必要スキル21の武器なので、刀剣スキルが16.9になるまで攻撃力が全く発生しません。
    • 実は刀剣とこんぼうのスキル1武器よりも採集道具(収穫鎌、木こり斧、クワ、つるはし)の方が安価で攻撃力が高いです。こちらを使うのも良いでしょう。
      (15G。錆落としするなら+6G。安いが200回使うとすぐ壊れる。修理費が買うよりも高いので使い捨て)。
    • ジオベイ闘技場2階に居る リチャード が武器を売っています。初心者キャンプにはない武器も置いてあります。
      (ジオベイ闘技場には城下町ビスク 西エリアから行けます。武閃ギルド正面の建物です。)
    • 次の武器へ買い換える間隔が長くなってきたら、プレイヤーから武器を購入することも視野に入れたほうが良いでしょう。
      • 費用や流通を考えなければスキル31.0武器以降から、遅くともスキル51.0武器を購入する際にはプレイヤーから購入したほうが良いでしょう。
  • 防具が売ってません!
    • 城下町ビスク 西エリアに居る ロバート がクロース装備とレザー装備を売っています。
    • ドラゴン装備(青いレザー装備)が欲しい場合は他のプレイヤーから売ってもらう必要があります。
      必要な裁縫スキル値や材料が厳しいため、初心者が自分で作ろうとするのは得策ではありません。
    • ジオベイ闘技場2階に居る スティーブ がカッパースケール装備とカッパーチェイン装備を売っています。盾も数種類売っています。
      (ジオベイ闘技場には城下町ビスク 西エリアから行けます。武閃ギルド正面の建物です。)
    • カッパースケール装備以降はプレイヤーから購入することも視野に入れたほうが良いでしょう。
      • NPCが売っているカッパーチェイン装備は購入+研磨に掛かる費用に対して、防御力の伸びが良くありません。
        同じチェイン装備ならプレイヤーからスチールチェイン装備をお金を貯めて購入した方がいいでしょう。
      • リフ装備はカッパースケール装備よりも防御力が高く、装備すると攻撃力は下がりますが命中率が上がります。
        全7部位を揃えるのは難しい(その前に不要になる)でしょうが、1部位でも入手できたら使ってみるのもいいでしょう。
      • フィヨルバル装備はカッパースケールよりも防御力が高く、移動速度は下がりますが攻撃力と命中率が上がります。
        頭・腕・腰はミーリム海岸に居るランステイルがたまーに落とすので、狙ってみるのもいいでしょう。
  • 盾が使えません!
    • 隠れ里ネヤに居る 盾案内 クレイトス からチュートリアルを受けることをおすすめします。
    • このゲームの盾は「敵の攻撃にタイミングを合わせて盾スキルを使う」事で効果が発揮されます(装備するだけでも少し防御力は上がる)。
    • 盾を装備して盾の技「シールドガード」を使いましょう(タイミングさえ合っていればOK。発動失敗しても気にしない)。
      2回Mobからガードすれば盾スキル1.0になり、発動成功するようになります。
    • 盾技「シールドガード」はチュートリアルで盾を学ぶ際に無料でもらえる他、初心者キャンプでも販売されています。
      また、城下町ビスクの西エリアにある武閃ギルドでは、それに加えてより上位の技も販売されています。
  • 包帯が自分に巻けません!
    • 隠れ里ネヤに居る 回復案内 サラサ から話を聞くことをおすすめします。
    • 自分をターゲットにして包帯を使いましょう。
    • /useitem [バンデージ]<1> のようにマクロの最後に<1>と入れると、誰をターゲットしていても常に自分に包帯を巻くことができます。
  • 包帯が売ってません!あったけど高いです!
    • 城下町ビスク 港エリア(海蛇の隠れ家)に居る ホルム がバンデージ(8Gold)を売っています。
    • 武閃ギルドのクエスト「蛇・即・斬」でもビギナーズバンデージが貰えるので、最初はそちらが良いかもしれません。
    • 自分でコットンバンデージを作りましょう。ハサミを使って「洋裁」で、コットンの布束(18Gold)から3つ作れます(包帯スキル10.0から使用可能)。
    • シルクバンデージ以降の包帯は売っているPC露店を探しましょう。裁縫スキルを上げているのなら自分で作るのもアリです。
  • ポーション(POT)が高すぎます……。
    • ポーションはPC露店から購入するものです。NPCが売っているのは割高な見本品だと考えてください。
    • このゲームは回復をポーションの連続使用で賄うのは金銭的にもシステム的にも無理があります(対人戦は除く)。
      初心者は包帯スキルか回復魔法スキルを取るのが無難です。各回復ポーションは補助として使うのが吉。
    • 序盤ではトマトジュースを使用する手もあります。HPがじわじわと回復していきます(110ポイント/140秒)。
  • NPCに「ギルドに入るにはまだ早い」と言われたのですが……。
    • ギルドへの入会条件として特定のテクニックやアイテムが必要になる場合があります。
    • 各ギルドへの入会条件さえ満たしていれば、チュートリアル終了直後の状態でも所属することができます。意味深な事を言われますが、気にしなくてもいいでしょう。
    • ギルドの推奨スキルと目指したいものが違っても気にしなくて大丈夫です。
    • また、ギルド退会時に「ギルドポイントが0になる」と言われますが、これも致命的なペナルティではないでしょう。
    • ギルドクエストはメリットもあるものの、内容がかなり雑です。クエストを受ける際はWiki内のページでクエストの内容をよく確認することをおすすめします。
      ゲーム内の説明だけでは達成条件が曖昧なもの、難易度が高いもの、割に合わないものが多く存在します。
      参考:ギルド
    • 序盤から受けられるギルドクエストのうち、おすすめできるものを挙げておきます。
      • 武閃:「蛇・即・斬」
      • 暗使:「出でよ…、我が下僕」「死者に、闇の引導を…」
  • 敵を倒すのに時間がかかりすぎます!
    • 攻撃に武器ではなく素手を選択している場合は転向しましょう。一撃の威力が低いため、筋力スキル値が低いうちはまともにダメージが入りません。
      他のスキル値が十分に上がってから再度挑戦すると良いでしょう。
    • 装備の性能が反映されるには必要スキルの8割を超えるスキル値が必要です。まだ使いこなせない武器を使っていないか確認しましょう。
    • NPCの店で売っている武器は状態が悪い(錆、ヒビ)です。修理屋で修理してもらうと多少攻撃力が上がります(防具も同様)。
    • NPCの店にある金属武器は基本的にカッパー製(攻撃力が低い)です。他のプレイヤーからブロンズやスチール製の武器を購入するのもアリです。
    • 筋力と武器スキルの両方が低いと武器攻撃は十分な威力(と命中率)を発揮できません。序盤はサブの攻撃スキルをいくつか取得しておくといいでしょう。
      • キック:「ロウ キック」「ヘラクレス シュート」「サイド キック」「レッグ ストーム」。
        命中率に難がありますが、序盤のキックスキルは威力が高めです。
      • 牙:「バイト」「ブラッド サック」
        「バイト」は威力が高め、「ブラッド サック」は射程内必中+HP回復です。
      • 召喚魔法:「サモン ヴァンパイアバット」
        召喚した蝙蝠に攻撃させることで手数を増やすことができます。
      • 破壊魔法:「マイナー バースト」「リトル ツイスター」「アイス ボール」「ポイズン ミスト」
        序盤の破壊魔法は威力が高めなうえ、必中です。命中率の低い序盤は確定ダメージとして頼りになるでしょう。
  • お金が貯まりません!
    • 「これだけは知っとけ!メタガイド」の「アイテムの価値・用途について」を参考にしてみてください。
    • モンスターは落とすアイテム(+落とすGold)で黒字になるものとそうでないもので差があり、強さに反して全く稼ぎにならないモンスターも存在します。
      モンスターの強さ、落とすアイテムの種類や量を確認し、NPCや他のプレイヤーに売却してみて労力に見合っているかを考える必要があります。
      目安として、肉・骨・牙などの肉体部位や秘伝の書(技書)を落とすモンスターは、それらをNPCに売却することで最低限黒字になる傾向があります。
    • 序盤から狩れる弱くて美味しいモンスターはムトゥーム地下墓地のゾンビラット&ゾンビドッグ(ミーリム海岸の方は危険なので注意)。
      NPC買取価格の高い秘伝の書を落とします。
    • 採掘&鍛冶以外の採集・生産スキルでは、序盤から十分なGoldを安定して得ることは難しいでしょう。
  • NPCから食料が貰えなくなりました。店で売っているのはお腹いっぱいにならないし高いです……。
    • 食べ物は各種焼き肉やナマ目玉焼きを自分で作るといいでしょう。PC露店でも各種焼肉は比較的安価で売られています。
      (070911パッチで ヘビ、ネズミ、サル、イヌ、コウモリ、シカ 以外の肉を焼くためには塩が必要になりました。)
    • 飲み物はPC露店から買うと良いでしょう。トマトジュースの価格が安く、それなりに売りも見かけると思います。
      • お金に余裕が出てきたらバナナミルクやミルクティを購入して使ってみるといいでしょう。
    • 神秘魔法10の「リコール ドリンク」「リコール レイション」を覚えるのもアリです(詠唱時間と腹持ちを考えると効率は良くありませんが……)。
  • スキル41の槍武器が売ってません!
    • スキル51のスピアがあるので売っていてもいいものですが、何故かNPC店で売ってません。
    • ビスク西エリアで鍛冶ができるPCにレイピアを作ってもらいましょう。
    • 装備は必要スキルの8割を超えていればどうにか扱えるので、40.9になったらショートスピア(槍31)から一気にスピア(槍51、8割は40.8)にするのもアリです。
  • 銃器ってやってみたい。PC露店で弾は見かけるけど銃はどこですか?
    • 銃は基本的に鍛冶持ちの人に作ってもらうしかありません。弾も同様です。
      トライアルモデルのみイルヴァーナ渓谷のドワーフ雑貨屋で売っています。(要ドワーフ友好)
    • 運用に非常にコストが掛かる武器なので初心者には茨の道。スキルが上がったら自給自足をしてみるのもアリ?
  • 露店の場所が分かりません!
    • 利便性の点から、PC露店はある程度特定の場所に集中しています。代表的な場所を挙げておきます。
      • 城下町ビスク 西エリアの銀行周辺
      • 城下町ビスク 西エリアのテオ・サート広場
      • 城下町ビスク 中央エリアのアルター周辺
      • 各地にある銀行の周辺
      • 城下町ビスクの各所にあるマナポーターの周辺
    • 特に城下町ビスク 西エリアの銀行周辺と、同じくテオ・サート広場には多くの露店が存在しています。
    • この他にプレイヤーからアイテムを購入したい場合は Ancient Age を目指すと良いでしょう。
  • Ancient Age(家Age)ってなんですか?どうやったら行けますか?
  • 敵の強さが分かりません!
    • このゲームは複数PTで討伐するようなボスモンスターを除き、Mobの外見と強さがあまり一致しません。
    • ALT+C でターゲットの強さを調べる(/consider)ことができますが、まずアテになりません。
      • 「………(強さ 不明)」と出ている場合は明らかな格上です。挑むのはやめておきましょう。
    • Wiki内にはモンスターのステータスや使用テクニックの情報がまとめられています。
      参考:モンスター/地域別
      参考:モンスター/ステータス詳細
      • 目安として、通常攻撃(アタック)以外にもテクニックを使用してくるモンスターは、ステータスを上回る強さである傾向があります。
      • 攻撃力を確認してみましょう。あなたと同程度ならステータス面ではほぼ互角だと考えられます(魔法タイプは除く)。
      • HPを確認してみましょう。あなたとHPに大きな差があるようであれば、そのMobはタフだということです。
        攻撃力が互角だとしても戦闘は長引くでしょう。
      • ソウルバインダーの回収によるスキルダウンが苦にならない低スキル帯のうちに、狩りの帰り際に気になるMobに挑んでみるのもいいでしょう。
  • 強い敵に追いかけられました。逃げたいけどどこに逃げればっ!?
    • 最寄りのガードを目指しましょう。近くに連れて行けば強烈な一撃で倒してくれるでしょう(一部例外あり)。
      しかし、間違っても露店の近くや初心者キャンプまで連れ込んではいけません。
    • ガードが遠い、またはそもそもガードがいないマップの場合、そのマップの出口を目指して走りましょう。Mobがゾーンをまたいで追跡してくることはありません。
    • Mobは結構移り気です。逃げている時に通りすがりの人にターゲットが移ることがあるので注意しましょう。
    • 時には諦めが肝心です。
  • 真っ暗で何も見えないところに出ました……。(参考:暗いときは
    • 明かりを装備してみましょう(明かりアイテムには装備しないと効果が出ないものと、アイテムとして持っているだけで良いものがあります)。
      • 城下町ビスク 港エリア(海蛇の隠れ家)に居る ホルム が「トーチ」(明るさ弱)と「ランタン」(明るさ中)を売っています。
      • 神秘1の「ライト」(スキル値で明るさが変動)を使ってみましょう。
    • ある程度強くなったらネオク高原のナイトメア ウィスプから「ナイトメア クォーツ」(明るさ中)を入手してみましょう。
      アイテム欄をひとつ使いますが、装備せずに持っているだけで周囲が明るくなります。
    • ミニマップを開いて現在位置を確認してみましょう。
      • 「ムトゥーム墓地」は強いMobが多数生息する危険度の高いエリアです。初心者のうちは立ち入りを避けましょう。
      • 「アルビーズの森」も同様に危険度の高いエリアです。初心者のうちは立ち入りを避けましょう。
        ランダル洞窟に用がある場合は左の壁沿いに進むと入り口が見えてきます(あまり斜面の上を歩くと見落とすので注意)。
        Mobに追いかけられた時は、ランダル洞窟入口のガードに任せましょう(スプリガンとは友好関係にあるため対処してくれません)。
  • 落ちてしまう崖と透明な壁の区別が付きません!
    • スローナイフ(弓、銃器でも可)を装備して「ターゲット マーカー/照準(黄色いマーカー)」を出しましょう。
      透明な壁に照準が当たることで判別できるようになります。
  • 横取りがウザいんですけど。ある人が敵を独占して狩らせてもらえません。
    • 横取り、独占は特に公式で禁止された行為ではありません。(参考:公式見解1公式見解2)
      途中から横取りするのも良くはないのですが、最初に攻撃したからと言って敵の所有権やルート権を主張することもできません。
    • 普通の敵であれば、既に戦っている人に譲ることがほとんどですが、「ドロップが良い」「数が少ない」「条件を満たさないとPOPしない」などの敵ではルート権の取り合いになることもたまにあります。
      基本的に最もダメージを与えた人が権利を得ます。
    • ルートの取り合いをするしないはその場の雰囲気をよく読んで。禁止でないといって独占や横取りをやりすぎると他の人のひんしゅくを買ってしまうかもしれません。

質問・疑問の解決 Edit

  • 公式サイト
    • 公式サイトのゲームガイドはよくできています。一通り目を通すと良いでしょう。
    • ただしデータ量に比して検索性が低めであり、記載されている場所を誰かに尋ねる必要があるかもしれません。
    • ブラウザによりますが、 Ctrl+F でページ内検索が行なえます。活用しましょう。
  • ゲーム内のNPC
    • NPCとの会話は地理や世界観設定を把握するのに役立ちますが、それ以上の実用的な情報はあまり得られないでしょう。
      (隠れ里ネヤのNPC、各地に居る説明役のNPCは除きます。)
    • 仕様変更前の古い情報を話しているNPCも居るので気を付けてください。
  • ゲーム内で他のプレイヤーに尋ねる
    • 二言三言で解決するようなものなら、ゲーム内で尋ねれば手の空いたプレイヤーが答えてくれるでしょう。
      • 簡単な質問であればAUCで尋ねればわりと答えてくれる方が居るでしょう(安全な街中で行いましょう。多用は禁物です)。
      • 誰に対しての問いかけなのかを明確にしないと、誰かが答えるだろうとスルーされることもあります。挨拶コマンドなどを活用しましょう。
      • 忙しい人、退席中の人もいるので、反応がなくても気にしないこと。
    • 当たり前のことですが、他のプレイヤーと接する時は挨拶や言葉遣い、マナーに気をつけてください。
      相手はオフラインゲームのNPCではありません。普段の生活で見ず知らずの方に時間を割いてもらうときと同じ態度で接しましょう。
    • ある程度複雑なものは、パーティー内の雑談や該当スレで質問することをおすすめします。
  • Wikiやその他のファンサイト
    • Wikiや他のファンサイトにも有用な情報がたくさんあります。
    • このWikiについて、トップページより引用です。詳しくはトップページをご覧ください。
      ※メインWikiはPOST操作に認証がかけられているため単語検索もパス要求があります。編集目的ではない方はミラー(moeread.usamimi.info)をご利用下さい
    • ブラウザによりますが、 Ctrl+F でページ内検索が行なえます。活用しましょう。

各種設定・カスタマイズ Edit

  • 初期設定のままでは満足なゲームプレイは難しいでしょう。自分の使いやすいようにカスタマイズする必要があります。
  • ゲーム内の Mainバー → SYSTEM から全ての設定が行えるわけではありません。実行コマンドしか用意されていない設定も存在します。
  • タイトル画面 → OPTION → 環境設定 から行える設定も独自の項目です。ゲーム内では変更できません。

キーボード操作(キー入力)の設定・カスタマイズ Edit

  • 3つの操作モードについて
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • 3つの操作モード(マウスモード、FPSモード、RPGモード)があり、それぞれかなり操作方法が異なります。
    • 現在新規キャラクターを作成した場合、デフォルト設定はFPSモードです。
      FPSモードは一番無難な操作方法です。初心者の方は特段の理由がない限り操作モードを変更しない方がいいでしょう。
    • ※このページ内の説明において操作説明はどれも「ALT+○○」という形式で説明していますが、これはマウスモードを基準にしたものです。
      FPSモードでは ALTキー を省いたキー入力で同様の操作が可能なはずです。
  • キー設定の変更について
    • Mainバー → SYSTEM → キー設定 から、キー設定の変更を行うことができます。
    • 変更したいキー入力のマスをクリックすると「PUSH ANY KEY」と表示されます。新しいキーを入力すれば変更完了です。
      • Escキーを押すとキー入力を削除できます(空欄になります)。
      • クリックしたマスをデフォルト設定に戻したい場合は右端の「DEF」ボタンを押してください。
    • キー入力は 左・中央・右 の三列あり、左の列は初期状態でキー割り当てに使用されています。
      • 中央・右の列のマスにキー入力を追加する(重複させる)と、1つのキー入力で複数のアクションを取ったり、複数のキーで同じアクションを取ったりできます。
      • 基本的には左の列にあるキー入力は削除以外では変更せずに、中央か右の列に部分的にキー入力を足していく形で編集すると良いでしょう。
    • 初期設定ではターゲットにアクションには ALT+U が割り当てられていますが、この操作は使用頻度が高いためこの位置では不便です。
      ALT+C に重複して割り当てると利便性が増すでしょう(FPSモードでは ALTキー を省きます)。

Mainバー・各種ウインドウ・方位磁石の表示/非表示 Edit

  • ※画面内をクリックした拍子にMainバーやウィンドウが非表示になってしまったら、この説明項目を思い出してください。
  • Mainバーの表示/非表示
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • Mainバーの左端にあるボタンを押すと、バーの表示/非表示を切り替えることができます。
      • Mainバーが表示されていた領域(デフォルトなら画面上辺)で何もない所をクリックすることでも再表示が可能です。
  • 各種ウインドウの表示/非表示
    • Mainバー左側にある簡易メニュー表示ボタン(2つの□を互い違いに重ねたようなマーク)をクリックすると、ウィンドウの表示/非表示の操作を行なうことができます。
      • Mainバーのボタンがない箇所を右クリックすることでも同様の操作が可能です。
  • ウインドウの縮小について
    • 公式サイトのプレイガイドの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • ウインドウの左上隅のボタン(ボタンとは気付きづらい見た目)を押すと縮小化されます。もう一度押すと元に戻ります。
    • ウインドウの展開時・縮小時の位置情報はデフォルトでは一致していますが同期していません。
      • たとえば展開時に動かしても、縮小すれば動かす前の位置に縮小した状態で表示されます。
      • この仕様は役立つ面もありますが、あまり適当に動かすと縮小した際にウインドウの位置を見失うことになるので注意してください。
    • ウインドウの表示/非表示と同じ操作で縮小状態を解除して展開させることができます。
  • 方位磁石(コンパス)・ゲーム内日時の表示/非表示
    • 方位磁石(コンパス)は、方位磁石の右上隅にあるボタン(ボタンとは気付きづらい見た目)で表示/非表示を切り替えることができます。
    • Mainバーの右端、ゲーム世界の日時が表示されている領域をクリックすることで、コンパスの完全な表示/非表示を切り替えることができます。
      同じ場所を右クリックすることで Time(ゲーム内日時)・FPS・Net・Direction(コンパス) のうち、常時表示させておくものを選択することもできます。
      • Time を非表示にしても同じ場所をクリック・右クリックすることで同様の操作が可能です。
      • Mainバー → SYSTEM → オプション → [表示]タブ → < 機能 > でも同様の操作が可能です。

Messageウィンドウのカスタマイズ Edit

  • Messageウインドウの初期設定
    • Messageウィンドウは合計11個です。
      (「システム」「会話」「戦闘」「Auction」「Channel」「Message5」「Message6」「勢力」「検索」「演奏結果1」「演奏結果2」。)
      • 「システム」「会話」「Auction」は1つのウインドウにタブ化して合成されています。
      • 「Message5」「Message6」に振り分けられているメッセージは存在しません。自由に使えます。
  • Messageウィンドウの名前変更
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • Messageウィンドウ のタイトルバーあるいはタブを右クリック → NameEdit から、ウインドウの名前を任意の文字列に変更できます。
  • Messageウインドウの分離・タブ化による合成
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • タブ化した場合、重ねられた方のタイトルがタイトルバーに表示されます。
      • このタイトルバーの名前と該当するタブの名前は共有されています。どちらか一方を変更するともう一方も変更されます。
  • Messageウィンドウのメッセージ振り分け・表示/非表示
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • Mainバー → SYSTEM → メッセージ制御(MessageFilter) → 「ウィンドウ振り分け」タブ で、各種メッセージをどのMessageウィンドウに表示するかを変更できます。
    • 「表示切替」タブ では各種メッセージの表示/非表示を個別に設定できます。
  • メッセージスピードの高速化
    • Messageウィンドウ のタイトルバーあるいはタブを右クリック → Message Speed → Fast にチェックするとメッセージが高速で表示されます。
      何度も話し掛けなければいけないNPCとのやり取りに掛かる時間を短縮できます(各ギルドマスターの発言が最たるものでしょう)。

その他の設定・カスタマイズ Edit

  • Menu・ショートカットを増やす
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • Mainバー左側にある簡易メニュー表示ボタンを右クリック → Main → Shortcut をチェックすればショートカットが開きます(初期設定では開いています)。
    • 公式では「【ShortcutとMenuの同期】」について解説していますが、現在ではこの機能そのものが消滅しているようです(※2016/1/1現在)。
    • Shortcut2にチェックを入れるともう一つショートカットを開くことができます。
    • Menuスロット もしくは ショートカット のボタンが無い箇所を右クリック → 「Switch Shortcut」のチェックを外す(入れる) と縱圓慮きを変えることができます。
  • ウィンドウ移動・リサイズをロック
    • CTRL+ALT+SPACE でウィンドウ移動・リサイズをロックできます。もう一度入力するとロックが解除されます。
      画面内をクリックした際にウィンドウの位置や大きさがズレるのを防ぐことができます。
  • 「/viewport」コマンドで画面に余白を作る
    • チャット・バーに「/viewport」と入力すると現在の解像度を確認できます。
    • 「/viewport <解像度横 解像度縦>」と入力すると解像度を設定することができます。
      • 指定できる最小値は64x64(「/viewport 64 64」)、最大値はタイトル画面 → OPTION → 画面設定 → <画面モード>で設定した解像度です。
        (仮に1280x1024でプレイしているなら、それを超える縦横の数値は無効となります。)
    • <画面モード>で設定した解像度よりも小さい値を指定するとゲーム画面に余白が生まれ、そこに各種ウインドウを置くことができます。
      • 余白の背景色は黒、縮小することで余白ができるのは画面右側面と下側面です。
      • グラフィック表示量が小さくなる分、パソコンへの負担も軽くなります。
    • 「/viewport reset」で元のviewportに戻せます。
    • サイズを変更しても上下の視界は維持されるため、横幅の比率を高くすると左右の視野を広げることができます。
  • 5つのカメラモードの切り替え
    • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
    • カメラモードが切り替わった際、初期設定では「システム」タブにメッセージによる通知が表示されます。
      Mainバーの表示を見分けるよりは通知を見て判断したほうが容易でしょう。
    • 基本的には固定カメラモード2・3(キャラクター後方視点1・2)のどちらかで動くのがいいと思いますが、他のカメラモードの方が優れている部分もあります。
    • 固定カメラモード1(一人称視点)は意外と使う機会の多いカメラモードです。以下に例を挙げておきます。
      • 生産時や露店時に足元を見て負荷を下げる。
      • ターゲットマーカーで見えない壁を確認する。
    • 手動カメラモードは視野が広いため、周囲を見渡す時などに使うことがあります。

ゲーム内コマンドについて Edit

  • 公式サイトの説明が優れていますので、まずはそちらをご確認ください。
  • Wiki内の解説ページも参考にしてください。

カスタマイズ(設定)が面倒くさいという初心者へ Edit

  • このゲームは幅広いカスタマイズ性により快適に遊べるようになり、自分に合った操作設定に改造していくのが楽しむコツのひとつ。
    遊び慣れてきたら、以下の項目も、カスタマイズの参考にしてください。

  • その一例
    • 初心者セット http://moewiki.usamimi.info/n_wiki/upload/img/moe269.zip
      • この初心者セットは2010/7/27のチュートリアル更新前の設定を元に、有志の厚意により作成されたものです。(最終更新2012年9月)
        現在は公式の初期設定が変わっているので、まずはそのまま遊んでみたほうがよいかもしれません。
      • マウス移動したい場合は、F10でカメラモードの切り替え&オプション項目を眺めてクリック移動のON/OFF。
      • 使用例 http://moewiki.usamimi.info/~moewiki/n_wiki/upload/img/moe028.jpg
    • 使い方
      • 一度ログアウトした後に、初心者セットを解凍して Program Files\Hudson\MasterOfEpic の下にある「skin」「userdata」フォルダに中身をコピーする。
      • 詳しくは「初心者セット」内の「まずお読み下さい.txt」参照。
      • ※あくまでMoEの1プレイヤーが「初心者向け」と思われる操作設定をしただけです。必ずしも初心者が使いやすいとは限りません。
      • 使いにくいと思ったら無理せず自分に合った設定を探しましょう。実際にプレイしながら操作設定をしていくのが一番です。

  • 詳しくは公式サイトの該当ページを参照のこと

コメント Edit

わからないことは外部掲示板の該当スレなどで聞きましょう。

最新の8件を表示しています。 コメントページを参照

  • ところで・・・新チュートリアルでケール・タングンに行く方法がわかりません。廃止されたのでしょうか? -- 2010-07-29 (木) 20:48:27
  • 新規キャラがケール・タングンに行くには、熟練者からPTに誘ってもらった後にそこに連れて行ってもらう必要があります(ただし、一度でもネヤから出てしまうとダメの模様)。村長宅のイーノスも言うように、赤床以外のエリアは上級者向けのダンジョンとなったので間違ってもそこに旅人を誘導しないようにしましょう。 -- 2010-07-30 (金) 02:30:36
  • チュートリアルの秘伝の書はログアウトで消えました。生産を学ぶ・木工を学ぶチュートリアルの途中(エリア移動後)でログアウトするとネヤに戻されて、再度案内人に話しかけると中断した続きからになるようです。 -- 2011-07-15 (金) 19:50:37
  • 新ケールタングン赤床のボスルームにフロアガーディアンが配置され、難易度が激しく上がっています。(スイッチ全起動でも消えない)タルタロッサ級の相手を倒せる戦闘力か、分断し引き付けて耐えるような手段が必要になっています -- 2012-02-20 (月) 10:14:39
  • 生産実践の報酬にスキル+1.0が追加されたので確認できたものだけ追記しました。 -- 2012-04-23 (月) 13:11:40
  • 生産系チュートリアル報酬について全部確認できたので追記 またイーノスからの報酬について「(ウォーリアー以外を希望した場合の援助品について、要調査。)」という記述をコメントアウトしておきました。 -- 2012-06-04 (月) 19:39:06
  • 初心者配布、HP83ST76MP75攻撃15.2防御3.6回避15.4命中18.6魔力13.0属性抵抗耐水10.0他すべて7.0の状態でまだもらえました。ここにクロースパンツ(AC+0.5)装備で防御4.1にしたところもらえなくなりました。この辺りが境目のようです。 -- 2014-11-12 (水) 01:37:15
  • メタガイド、FAQ、カスタマイズ諸々を整理・改定しました。 -- ネヤチュートリアルを上に持ってきたのは別の人 2017-06-15 (木) 22:25:41
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-17 Sat 00:27:54 JST (66d)